カエルの王様バラの中に―Wikipediaのダウンロード法

お昼前に買い物から帰って家に入るとき、奥さんが「わっ、 カエルがいる!」と叫んでカメラをとりにきました。さっそく見にいくと、バラの花の中にアマガエルがくつろいでいました。写真は奥さんが撮影した薔薇の花の中でくつろぐ、アマガエルです。去年も5月にアマガエルをみかけましたので、花の中で虫を取っているのかもしれません‥‥。

さて今日の本題です。Wikipediaのデータをダウンロードしておいて、インターネットにつながずに利用する方法があるそうです。やってみると今後いろいろWikipediaの利用法が拡がると思います。やりかたはKiwixというフリーソフトをダウンロードしておいて、これでWikipediaのデータ(zimファイルというファイル形式です)をダウンロードして利用するだけです。日本語のページはこちらです。英語版の完全版だと83Gくらいのデータのダウンロードが必要ですので、もっとサイズの少ない日本語版とか、ずっと小さなサイズの分野別Wikipediaとかをつかって練習してみてから、巨大ファイルのダウンロードに挑戦するべきでしょう。

以下はKiwixの日本語版ページからの引用です。
「Kiwixは非常に簡単です。Kiwixは利便性を考えたさまざまな機能があります。

  • 全文章からの検索
  • お気に入りとメモ
  • HTTPサーバー
  • PDF形式、HTML形式にエクスポート
  • 100言語以上のUI(ユーザーインターフェース)
  • タブによるネットサーフィン
  • 記事をまとめたウィンドウマネージャーとダウンローダー
  • その他さまざまな機能…
    WikipediaだけではなくてWiktionaryなどもダウンロードできます。英語版、フランス語版、ドイツ語版その他各国語版のWikipediaもありますので必要なものからダウンロードして使ってみてください。

科学英語の書き方についての無料オンラインコース(スタンフォード大学医学部)の紹介です

五月になってあたりは緑と花にあふれています。

今日はゴールデンウイークなので無料のオンライン英語コースの紹介です。連休中にちょっと見てみるといいと思います。スタンフォード大学医学部の准教授(疫学や統計学、およびwritingの専門家)のかたがやっているオンラインコースです。

登録して無料で受講することもできますし、
https://www.coursera.org/learn/sciwrite
過去のビデオは下のリンクをクリックしてYouTube動画のリストを表示して見られますので、それを順番にみるだけでも勉強になります。YouTubeでは字幕もだせるので、聞き取りの練習にもなると思います。
https://www.youtube.com/channel/UC-wb-n89yM0lBiP2QltsDaA/videos
が過去ビデオの一覧です。下のビデオはイントロです。

写真は、近所に咲いていた藤の花とキンラン(金蘭)の花です。今年のキンランは例年の花にくらべてとても元気がよくて花もしっかり開いていました。どちらの花も4月下旬の撮影です。拡大するには画像をクリックしてみてください。